2/19(土) 令和3年度障がい者歯科講演会【会員向け】


【2021年12月17日 9:02 AM更新】

令和3年度東京都町田市歯科医師会
障がい者歯科講演会のご案内について

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

日 時:令和4年2月19日(土)午後7時より

講 師:財団法人柏市医療公社医療センター歯科診療部 部長 宮下直也 先生

演 題:障害者歯科からスペシャルニーズデンティストリーへ

会 場:健康福祉会館2階、健康教育室

 

※緊急事態宣言発令した場合、ZOOMを使用したオンラインセミナーに変更することがありますのでその際にはご容赦くださいますようお願いいたします。

 

 

 障害者歯科という言葉は、何か特別な感じがします。型にはまった、とても難しい、手を出してはいけない、専門分野というイメージでしょうか。それに対してスペシャルニーズデンティストリーは、もう少し柔軟でかかわりやすいという感じがするように思えます。

 今の時代、連携というものが大切です。病診連携、多職種連携、官民連携など、診療する上で連携がなくてはならないものになっています。特に障害をお持ちの方の場合、その人に係る方が多数におよび、それらとの連携を必要とします。

 世の中はバリアフリーやインクルーシブ教育などが進んできています。障害者差別解消法が改正され、合理的配慮の提供が義務化されました。今後は、障害をお持ちの方の診療に当たることが増えるかもしれません。

 障害者数は、知的障害・身体障害・精神障害ともに年々増加傾向にあります。大学病院や口腔保健センターなどの施設は、キャパシティーが決まっています。歯科の場合医科と違い、3分治療と言うわけにはいかず、患者が増えた場合には診療の待機期間が長くなってしま います。この解消には、皆さまのお力添えが必要になってきます。

 今回の内容を皆様とともに考えるとともに、明日からの臨床に少しでも役立てていただければ幸いです。

 

以上

 

 





前へ:«
次へ: »



お知らせ


▶お知らせ一覧