2020 8月

【終了】10/22(木) 障がい者歯科協力医研修会のお知らせ【会員向け】

【2020年8月28日 9:40 AM更新】


障がい者歯科協力医研修会について

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

 

 本年、障がい者歯科診療所は開設13年目を迎え、年々来院患者数が増加しています。 最近の来院患者の多くはリコール目的で来院し、齲蝕治療、SCa・TBI、歯周病治療を主に行っています。

 障がい者の歯科診療が困難となる「動いてしまう」「口が開かない」というような患者の非協力的な行動を適切な行動へ導く方法として行動調整法があり、これをスムーズに導入できるように麻酔医による静脈内鎮静法をこれから取り入れていきたいと考えています。

 静脈内鎮静法により歯科治療恐怖症等のストレスを軽減することは、患者をリラックス状態にするため治療をスムーズかつ安全に進めることができる方法で不安感と恐怖心が和らぎやすいのが特徴です。また、静脈内鎮静法は全身麻酔とは異なりウトウトした状態になり健忘作用により治療中の記憶が残らないことが多く目が覚めたら治療が終わっているので心身負担を減らすことができます。しかし、全身麻酔より安全性高いがリスクはゼロではないので安全性を高めるための設備・体制が必要です。

 日頃より静脈内鎮静法用いて診療し歯科治療恐怖症の治療の精神的不安の軽減及び侵襲を伴うような外科処置を受けられる患者の負担軽減を術者患者ともに安心安全な治療を行っている河原健司先生にお話しして頂きます。

 

以上

 

 

日 時:令和2年10月22日(木)19時より

場 所:健康福祉会館2F 健康教育室

対 象:障がい者歯科運営委員、協力医、

    口腔保健センター勤務歯科衛生士

講 師:河原 健司(本会会員)

演 題:静脈内鎮静法を用いた歯科治療について

備 考:Web開催も検討しております。

 

 


【終了】10/3(土) 保険講習会のお知らせ【会員向け】

【2020年8月28日 9:37 AM更新】


令和2年度第1回保険講習会

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

日時:R2年10月3日(土)19時~

会場:健康福祉会館4F

演題:「保険請求の留意点」

講師:(公社)東京都歯科医師会 国保担当理事

   稲葉孝夫先生 (東京歯科大学卒)

 

 


【終了】9/12(土) 学術講演会(医療管理)のお知らせ【会員向け】

【2020年8月4日 3:56 PM更新】


令和2年度東京都町田市歯科医師会
学術講演会(医療管理)のお知らせ

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

拝啓 

 盛夏の候、会員の先生方に於かれましてはますますご清祥の事とお慶び申し上げます。

新型コロナウィルス感染症と共存する生活様式にはまだまだ戸惑いもありますが、我々執行部は会員の皆様と共にこの未曾有の災禍を乗り越えていく覚悟でございます。

今回は、歯科医院経営に特化したフィナンシャルプランナーの本間博史先生に講演を賜ります。この窮状を打開する手助けになる講演会だと確信しております。

万障繰り合わせの上ご出席をお願い申し上げます。

敬具

 

日時:令和2年9月12日(土)午後7時~

場所:歯科医師会事務所 及び Webセミナー開催

講師:本間 博史(ほんま ひろし)

演題:With コロナを前提にした医院経営のあり方・やり方

備考:ご参加には事前登録が必要です。

   申し込み方法につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

 

■講師紹介:

医療業界専門のファイナンシャル プランナーとして、医科・歯科 150医院を超える開業医の先生をサポート。ライフプランナーとして実績を重ね、資産の運用・管理のコンサルティングも数多くこなす。歯科業界の攻め(マーケティング)と守り(資産形成・リスク対策)を長きにわたりサポートして参りました。掲げる理念は、日本の健康を地域で支える開業医の先生方が「お金の心配」や「お金の不安」「お金の悩み」から解放され、地域医療に専念していただく環境を作るお手伝いをすること。

 

■演題内容

新型コロナウィルスの影響で下記のように影響を受けた医院さんも多かったことと思います。

◯縮小診療を余儀なくされた

◯休診をすることにした

◯メンテナンスの方には、医院から電話して予約をキャンセルしていただいた。

 

先日の「新型コロナウィルス感染症に関するアンケート」の結果では、保険点数の減少幅が昨年対比、30%減であるという回答が多く見られました。コロナの影響は長期化すると言われ、売上減の状況が、なかなか回復せず、厳しい経営状態が続く医院が少なくは無いと察します。そして当分は自粛と緩和を繰り返しながら、第2波、第3波と続いていくでしょう。歯科医院もその変化に適応した医院づくりをしないとこの先も常に過度な不安を感じていかなければならなくなります。

具体的には有事が起きても冷静に対処できる環境をつくっておくことです。刻々と状況が変わる中で、院長の心の乱れが最も大きなリスクになります。こういう有事はまずディフェンスを固めて、余裕をもって未来を考えることだと思います。

 

そのためには・・

◯1年間の固定費(もしくは粗利額)」の現預金を一早く確保する。

◯利益率を高め、縮小や休診でも影響を最小限にする。

そして、スタッフが働きやすい環境をつくりながらこれを満たすには生産性向上しかありません。それには1人当たりの粗利額を最大化にすることです。

 

例えば月間

・売上 500万円

・粗利 420万円

・医院利益 50万円

・スタッフ 7人(常勤換算)

の医院の場合です。仮に20%生産性が向上すれば医院利益は2.6倍も向上します。つまり、現預金が増えるスピードが2.6倍も高まるのです。また、一時的縮小診療によって30%以上の減収でも赤字にはなりません。

生産性向上に視点をおくとこのようになりますが、単に売上増・患者増に視点を置き続ければ、このようにはなりません。だからこそ、生産性向上なのです。単なる大型(規模拡大)医院の時代は終焉を迎えることでしょう。

 

そこでwithコロナ時代、生産性向上に取り組むために何をすればいいか?With コロナを前提にした医院経営のあり方・やり方を演習を交えながら考えていきたいと思います。

 

苦境こそ成長のチャンスです!

 


【終了】9/5(土) 令和2年度 警察歯科部会講演会のお知らせ【会員向け】

【2020年8月4日 3:41 PM更新】


公益社団法人東京都町田市歯科医師会
令和2年度警察歯科部会講演会のお知らせ

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

「身元確認作業におけるマッチングとは」

日 時 : 令和2年9月5日(土) 午後7時~

場 所 : 健康福祉会館 4階講習室

講 師 : 網干 博文(あぼし ひろふみ)先生

      日本大学歯学部 歯科法医学講座教授

 

抄 録

 身元不明死体の個人識別作業において,歯科情報を担う歯科医師の役割が大きいことはいまさら言うまでもない。国内では2011年に発生した東日本大震災に始まり,集中豪雨による土砂災害など,自然災害が断続的に発生している。このような災害による犠牲者,平時の個別の事案で遭遇する遺体や焼死体,さらには多死社会のなかで増加の一途を辿る孤立死にかかわる遺体などの身元確認作業は,歯科医師にとって個人の社会生活の終焉を宣言するという意味で,また人間の尊厳を護るという人道的な観点からも重要な社会貢献となる。

各地で地震が頻発し,首都圏直下型の大地震や南海トラフ地震の発生も高い確率で想定されている現在,各方面で災害時医療の重要性が叫ばれ,災害を想定した訓練や研修会が全国的に実施されている。われわれ歯科医師も身元確認作業の出動に備え,いざという時に慌てないためには,まずは十分なシミュレーションに基づいた事前の準備や定期的な訓練が必要となる。

今回は,20年ぶりに刷新された東京都福祉保健局発行の“身元確認班のための研修テキスト”をベースに,その変更点や所見照合時に同一性の最終判断の根拠となるマッチングの考え方について概説する。さらに演者が海外で関わった事案をもとに,海外で使用されているICPOのDVI方式による個人識別法についても紹介する予定である。

 

 




お知らせ


▶お知らせ一覧