お知らせ

【終了】9/12(土) 学術講演会(医療管理)のお知らせ【会員向け】

【2020年8月4日 3:56 PM更新】


令和2年度東京都町田市歯科医師会
学術講演会(医療管理)のお知らせ

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

拝啓 

 盛夏の候、会員の先生方に於かれましてはますますご清祥の事とお慶び申し上げます。

新型コロナウィルス感染症と共存する生活様式にはまだまだ戸惑いもありますが、我々執行部は会員の皆様と共にこの未曾有の災禍を乗り越えていく覚悟でございます。

今回は、歯科医院経営に特化したフィナンシャルプランナーの本間博史先生に講演を賜ります。この窮状を打開する手助けになる講演会だと確信しております。

万障繰り合わせの上ご出席をお願い申し上げます。

敬具

 

日時:令和2年9月12日(土)午後7時~

場所:歯科医師会事務所 及び Webセミナー開催

講師:本間 博史(ほんま ひろし)

演題:With コロナを前提にした医院経営のあり方・やり方

備考:ご参加には事前登録が必要です。

   申し込み方法につきましては事務局までお問い合わせ下さい。

 

■講師紹介:

医療業界専門のファイナンシャル プランナーとして、医科・歯科 150医院を超える開業医の先生をサポート。ライフプランナーとして実績を重ね、資産の運用・管理のコンサルティングも数多くこなす。歯科業界の攻め(マーケティング)と守り(資産形成・リスク対策)を長きにわたりサポートして参りました。掲げる理念は、日本の健康を地域で支える開業医の先生方が「お金の心配」や「お金の不安」「お金の悩み」から解放され、地域医療に専念していただく環境を作るお手伝いをすること。

 

■演題内容

新型コロナウィルスの影響で下記のように影響を受けた医院さんも多かったことと思います。

◯縮小診療を余儀なくされた

◯休診をすることにした

◯メンテナンスの方には、医院から電話して予約をキャンセルしていただいた。

 

先日の「新型コロナウィルス感染症に関するアンケート」の結果では、保険点数の減少幅が昨年対比、30%減であるという回答が多く見られました。コロナの影響は長期化すると言われ、売上減の状況が、なかなか回復せず、厳しい経営状態が続く医院が少なくは無いと察します。そして当分は自粛と緩和を繰り返しながら、第2波、第3波と続いていくでしょう。歯科医院もその変化に適応した医院づくりをしないとこの先も常に過度な不安を感じていかなければならなくなります。

具体的には有事が起きても冷静に対処できる環境をつくっておくことです。刻々と状況が変わる中で、院長の心の乱れが最も大きなリスクになります。こういう有事はまずディフェンスを固めて、余裕をもって未来を考えることだと思います。

 

そのためには・・

◯1年間の固定費(もしくは粗利額)」の現預金を一早く確保する。

◯利益率を高め、縮小や休診でも影響を最小限にする。

そして、スタッフが働きやすい環境をつくりながらこれを満たすには生産性向上しかありません。それには1人当たりの粗利額を最大化にすることです。

 

例えば月間

・売上 500万円

・粗利 420万円

・医院利益 50万円

・スタッフ 7人(常勤換算)

の医院の場合です。仮に20%生産性が向上すれば医院利益は2.6倍も向上します。つまり、現預金が増えるスピードが2.6倍も高まるのです。また、一時的縮小診療によって30%以上の減収でも赤字にはなりません。

生産性向上に視点をおくとこのようになりますが、単に売上増・患者増に視点を置き続ければ、このようにはなりません。だからこそ、生産性向上なのです。単なる大型(規模拡大)医院の時代は終焉を迎えることでしょう。

 

そこでwithコロナ時代、生産性向上に取り組むために何をすればいいか?With コロナを前提にした医院経営のあり方・やり方を演習を交えながら考えていきたいと思います。

 

苦境こそ成長のチャンスです!

 


【終了】9/5(土) 令和2年度 警察歯科部会講演会のお知らせ【会員向け】

【2020年8月4日 3:41 PM更新】


公益社団法人東京都町田市歯科医師会
令和2年度警察歯科部会講演会のお知らせ

※こちらは本歯科医師会会員向けの専門の講演会になります。

 

「身元確認作業におけるマッチングとは」

日 時 : 令和2年9月5日(土) 午後7時~

場 所 : 健康福祉会館 4階講習室

講 師 : 網干 博文(あぼし ひろふみ)先生

      日本大学歯学部 歯科法医学講座教授

 

抄 録

 身元不明死体の個人識別作業において,歯科情報を担う歯科医師の役割が大きいことはいまさら言うまでもない。国内では2011年に発生した東日本大震災に始まり,集中豪雨による土砂災害など,自然災害が断続的に発生している。このような災害による犠牲者,平時の個別の事案で遭遇する遺体や焼死体,さらには多死社会のなかで増加の一途を辿る孤立死にかかわる遺体などの身元確認作業は,歯科医師にとって個人の社会生活の終焉を宣言するという意味で,また人間の尊厳を護るという人道的な観点からも重要な社会貢献となる。

各地で地震が頻発し,首都圏直下型の大地震や南海トラフ地震の発生も高い確率で想定されている現在,各方面で災害時医療の重要性が叫ばれ,災害を想定した訓練や研修会が全国的に実施されている。われわれ歯科医師も身元確認作業の出動に備え,いざという時に慌てないためには,まずは十分なシミュレーションに基づいた事前の準備や定期的な訓練が必要となる。

今回は,20年ぶりに刷新された東京都福祉保健局発行の“身元確認班のための研修テキスト”をベースに,その変更点や所見照合時に同一性の最終判断の根拠となるマッチングの考え方について概説する。さらに演者が海外で関わった事案をもとに,海外で使用されているICPOのDVI方式による個人識別法についても紹介する予定である。

 

 


【終了】令和2年度 「食べるを支える」研修会について【歯科医療関係者・行政関係者向け】

【2020年7月21日 11:03 AM更新】


日本歯科大学 口腔リハビリテーション多摩クリニックからのお知らせです。

 

「昨年まで宮地楽器ホールにて行っておりました 「食べるを支える」研修会ですが、COVID-19の影響を受けお休みをさせていただいておりました。

 

この度、Webセミナーとして開催が決まりましたのでお知らせ致します。

 

令和2年度 「食べるを支える」研修会

【歯科医療関係者・行政関係者向け】

 

第1弾 口腔機能発達不全症研修会   講師:田村文誉 8/4 19:30~
第2弾 オーラルフレイル研修会    講師:菊谷 武 8/18 19:30~
 
詳細・チケット購入は下記URLからお願い致します。
https://taberuwosasaeru.peatix.com/

 

セミナーへのご参加、心よりお待ちしております。

 


【終了】《非会員診療所の先生方へ》政府備蓄マスク配布について

【2020年7月3日 7:00 PM更新】


《政府備蓄マスク配布について》

政府で備蓄しておりますマスクを、都内歯科診療所に対し配布することになりました。

町田市内の非会員の診療所の方で、マスク配布( 1 診療所 18 枚)をご希望の方は、申込書に必要事項をご記入の上、町田市歯科医師会事務局まで FAX にてお申込ください。

 

【政府備蓄マスク 配布方法について】

対  象:町田市内の非会員の診療所

配布枚数:1診療所18枚

配布方法歯科医師会事務所にて配布いたします。(配送不可

配布期間令和2年7月22日まで(土日、祝祭日を除く)

配布時間:①11:00~13:00 ②13:00~15:00(選択制)

申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、当会までFAXにて事前にお申込みください。

申込期限令和2年7月15日(水)まで

 

→申込受付は終了いたしました。

 

お引取方法

申込書の下部にある受領書部分に署名押印し、切り取らずにご持参ください。引き替えにマスクをお渡しいたします。お引取りの際に、身分証明書のご提示が必要です。

 

※注意事項

・申込書には、来会日・来会時間を必ずご記入ください。

・以前、東京都からのマスク配布へのお申込をいただき、ご来所された診療所には、5月末に郵送させていただいておりますので、今回のご案内の対象ではありません。

 

 

【FAX送付先】

町田市歯科医師会 事務局

FAX:042(729)8238

ご不明な点等ございましたら、町田市歯科医師会までお電話ください。

 

町田市歯科医師会 事務局

電話番号:042(726)8018

応対時間:午前11時から午後3時

 

【ご来会時のお願い】

ご来会の際には、コロナウイルス感染症防止対策にご協力頂けますようお願い致します。

1:来会時のマスク着用(ご自身でご準備をお願い致します。)

2:来会時間の厳守(ご事情がある場合には、必ず会事務局までご連絡ください。)

3:身分証明書の提示

 

 


【終了】《非会員診療所の先生方へ》東京都からの高濃度アルコール配布について

【2020年7月2日 5:00 PM更新】


《東京都からの高濃度アルコール配布について》

 

東京都から都内歯科診療所に対し、95%高濃度アルコール(1診療所あたり2リットル)を配布することになりました。町田市内の非会員の診療所の方で配布をご希望の方は、下記申込書に必要事項をご記入の上、町田市歯科医師会事務局までFAXにてお申込下さい。

 

【東京都からの高濃度アルコール配布について】

 

対 象:町田市内の非会員の診療所
配布量:1診療所あたり2リットル
配布日:7月22日まで
申込方法:申込書に必要事項をご記入の上、7月15日(水)までに当会までFAXにてお申込みください。

 

→申込受付は終了いたしました。

 

お引取方法:

申込書の下部にある受領書部分に署名押印し、切り取らずにご持参ください。
引き替えに高濃度アルコール配布をいたします。
高濃度アルコールを入れる容器をご持参下さい。
お引取りの際に、身分証明書のご提示が必要です。

 

 

【FAX送付先】
町田市歯科医師会 事務局
FAX:042(729)8238

 

 

ご不明な点等ございましたら、町田市歯科医師会までお電話ください。
町田市歯科医師会 事務局
電話番号:042(726)8018



子どもに関わる皆様へのお願い

【2020年5月16日 10:44 PM更新】



今年度「ぼくとわたしのデンタル・ケア」開催中止のお知らせ

【2020年5月14日 1:37 PM更新】


 

「ぼくとわたしのデンタル・ケア」開催中止のお知らせ

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、
今年度の「ぼくとわたしのデンタル・ケア」の開催を中止する

ことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


本会事務局における応対時間の変更について(第2報)

【2020年5月8日 1:56 PM更新】


本会事務局における応対時間の変更について(第2報)

 

 平素は本会会務運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 さて、先般お知らせしました通り、この度新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の発令にともない、事務局職員の会員への応対時間の変更を行なっておりましたが、今般の緊急事態宣言の延長を受けて、期間を延長させていただくことといたしました。

 

 事務所は通常午前9時30分~午後5時まで開所しておりますが、下記期間中は応対時間を午前11時~午後3時とさせて頂きます。

 

 何卒ご理解、ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

期   間 : 平成2年5月11日(月)~5月31日(日)

応対時間 : 午前11時 ~ 午後3時

 

以上

 

 


市民の皆様へ 町田市歯科医師会からのお願い

【2020年5月1日 10:27 AM更新】


市民の皆様へ 町田市歯科医師会からのお願い

 

新型コロナウイルス感染症の感染が拡大し、緊急事態宣言が発令された中、市民の皆様は不安な日々をお過ごしのことと存じます。

歯科医師・スタッフにとって感染リスクが高いとされる歯科医療現場ですが、私たちは新型コロナウイルス感染症の感染拡大以前から、ウイルス感染対策 (肝炎・エイズ等) を行っております。現在のところ、我が国では、歯科治療を通じて歯科医師や歯科衛生士から患者さんへ感染した事例の報告はありません。

 

  • 歯の痛みを我慢すると、食事が摂れなくなり、体力・免疫が落ちてしまいます。
  • 糖尿病や人工透析中など持病がある方は、歯周病の悪化が全身状況の悪化につながる可能性が高くなります。
  • 口の中が不衛生だと、細菌性の肺炎リスクが上がり、新型コロナウイルス性肺炎に罹患した際、重症化しやすいことが知られています。
  • 介護現場等での口腔環境の悪化は、特にリスクを高めます。

 

今は、誰もが新型コロナウイルス感染症にかかる可能性がある時だからこそ、命を守るためにも、口腔ケアが大事です。

診療の継続・延期、メンテナンスの継続・延期など、ご自身での判断をなさらずに、ぜひかかりつけ歯科医にご相談ください。来院いただくことが難しい場合は、電話等により診療を行い、お薬を処方することなども可能です。

現在の歯科医療の現場は、消毒液やマスクなどの医療資材不足や、新型コロナウイルス感染症に関する新しい知見を踏まえた、より高度な感染防止対策を講じるため、一時的に診療内容の制限や休診などを行わざるを得ない状況もあります。

しかし、今後も私たち歯科医師は、市民の皆様に安全・安心な歯科医療体制を提供するために頑張ってまいります。

 

2020年5月1日

公益社団法人東京都町田市歯科医師会


2 / 3123


お知らせ


▶お知らせ一覧